昭和の洋画を切り拓いた若き情熱〜1930年協会から独立へ〜


佐伯祐三「パリの街角」

「1930年協会」は同時期にパリに留学していた前田寛治、里見勝蔵、木下孝則、佐伯祐三、小島善太郎により1926年に結成されました。その後1931年には「独立美術協会」が設立され、日本を代表する美術団体のひとつとして画壇を牽引していきます。
本展では、昭和の洋画界に旋風を起こした二つの美術団体の活動に改めて注目し、大きな影響を与えた時代の画家たちの作品を一堂に紹介します。


トップへもどる