ビアトリクス・ポター™生誕150周年記念
ピーターラビット™の世界展


 ピーターラビットの絵本シリーズは、作者ビアトリクス・ポター(1866‐1943)が知人の息子ノエルが病気となり、お見舞いに送った「絵手紙」から誕生した物語です。  1901年、自身で『ピーターラビットのおはなし』の私家版を出版。翌年には、絵に色を付けてウォーン社から出版され、のちに24作の絵本を世に送り出します。ポターは、ロンドンから自然豊かな湖水地方に拠点を移し、晩年は牧羊と自然保護に力を注ぎました。彼女が暮らし、絵本にも描かれたヒルトップ農場はナショナル・トラストにより今も当時のままの姿で保存されており、ピーターラビットを愛する多くのファンが訪れています。  本展覧会では、ポターが生涯愛し、ピーターラビットたちが活躍した湖水地方の魅力を背景に、大東文化大学ビアトリクス・ポター資料館の比類なきコレクションをはじめ、ビアトリクス・ポター生誕150周年を記念して、日本の伝統工芸品やキルト作家・斉藤謠子氏等が制作したピーターラビットとのコラボレーション作品をご紹介します。

日時
2019年4月20日(土)〜5月26日(日)
午前9時〜午後5時 (入館は午後4時30分まで)
会期中無休
観覧料
一般900円(800円)高校・大学生450円(400円)中学生以下 無料
※( )内は20名以上の団体料金です。

【関連企画】
英語と音楽で広がるピーターラビット™の世界【無料】
内 容
英語による絵本読み聞かせと、18世紀〜19世紀の音楽をハープやフルートなどの古楽器で演奏します。
日 時
4/20(土) 14:00〜15:30 ※開場は13:30より
読み聞かせ
萬谷ニコラ氏(イギリス出身、ALT)
演 奏
木田智之氏(金属弦ハープ&各種笛)
木田直子氏(ガット弦ハープ&歌)
人 数
50名(先着順)
場 所
市民ギャラリー

講演会「ピーターラビット™で 読み解く英国社会」【無料】
内 容
作者のビアトリクス・ポターが生きた時代をピーターラビットの絵本で読み解いていきます。また、ポターが生涯力を注いだ自然保護活動のナショナル・トラストについて分かり易く紹介します。
日 時
4/21(日) 14:00〜15:30 ※開場は13:30より
講 師
遠山茂樹氏(東北公益文科大学教授)
人 数
50名(先着順)
場 所
市民ギャラリー

どうぶつ絵本を作ろう
日 時
4/29(月・祝) 13:30〜15:00
講 師
さとうまりこ氏(絵本作家・鶴岡市出身)
費 用
500円(材料費込)
人 数
募集人数に達しましたので締切ました。
場 所
市民ギャラリー
申込み
4月7日(日)9:00〜 美術館電話受付

羊毛フェルトでピーターラビット™を作ろう
日 時
5/3(金・祝) 9:15〜12:15
講 師
中山みどり氏(フェルトアート作家)
費 用
3,500円(材料費込)
人 数
募集人数に達しましたので締切ました。
持ち物
ハサミ
場 所
市民ギャラリー
申込み
4月13日(土)9:00〜 美術館電話受付

ピーターラビット™と一緒に写真を撮ろう【無料】
日 時
5/4(土・祝)・5(日・祝)
時 間
@11:00〜A13:00〜B15:00〜※各回約30分
人 数
30名
持ち物
カメラ(自撮り棒や三脚などを使用しての撮影はできません)
場 所
市民ギャラリー
申込み
開催当日、各回30分前に市民ギャラリー前で整理券を 配布します

アイシングクッキーでお菓子の家を作ろう
内 容
焼いたクッキーの表面に、お砂糖や卵白を 着色してデコレーションし、可愛いクッキーを作ります。 完成後は、皆でお茶をしながらピーターラビット™の 魅力を学芸員が紹介します。
日 時
5/18(土) 13:30〜15:30
講 師
佐藤あみ氏(mon ami cookies、 JSAアイシングクッキー認定講師)
費 用
3,500円(材料費、お茶代込)
人 数
10名(小学3年生から参加可能。小学生は保護者同伴)
場 所
美術館 喫茶「モンマルトル」
申込み
5月1日(水・祝)9:00〜 美術館電話受付

学芸員によるギャラリートーク【無料】
日 時
5/6(月・祝)・5/19(日)
時 間
@11:00〜A14:00〜
場 所
展示室内
費 用
無料(但し、要会員券または観覧券)

トップへもどる